ペパーミントやローズマリー、レモングラスは害虫を寄せ付けない効果があります。

MENU

さわやかな植物で害虫を遠ざける

どうやって害虫を駆除するか考える前に、少し冷静になってみましょう。
そもそも家の中に害虫が入って来なければ駆除する必要もありません。
つまり、害虫を家に寄せ付けなければ不快な気持ちになることも無いのです。

 

それを実現するのが害虫を寄せ付けない植物達です。
害虫には嫌う臭いがあり、その臭いを発する植物があると近寄って来ません。
虫除けスプレーなどはこうした臭いを持っているので効果が出るのです。

 

嫌な臭いの植物を置きたくないと思うかもしれませんが、そう考えるのは早いです。
害虫が嫌う植物は、人間からすればさわやかな匂いがする素敵な植物なのです。

 

害虫はどんな植物を嫌うのか?

 

  • ペパーミント
  • ローズマリー
  • レモングラス
  • ラベンダー
  • バジル
  • ユーカリ

 

素敵な良い香りのものから刺激的な匂いの植物までいろいろあります。
こうした植物は一例ですが、窓際や排水溝の近くに置いておくと害虫の侵入を防ぐ効果が期待出来るのです。
庭やベランダ、玄関やベランダに飾っておくと華やかになるだけでなく害虫を寄せ付けません。
ちょっとしたガーデニングを楽しむきっかけになるので積極的に試してみましょう。

 

植物を過信してはいけない

害虫駆除に有効なラベンダー

前述したようにペパーミントやローズマリー、レモングラスは害虫を寄せ付けない効果があります。
ただし、これはあくまでもほどほどの効果しか期待出来ません。
窓に害虫が嫌う植物を置いたら絶対に家の中へ入って来ない訳ではないのです。
害虫が近付いて来る確率を下げるものとして認識しておきましょう。

 

さらに言うと、害虫を寄せ付けないのは植物が匂いを出しているからです。
この匂いが害虫を遠ざけるのに役立っているのですが、これをかき消してしまう状況はいけません。
植物の匂いよりも強烈な生ゴミ臭がしていれば、害虫は家の中へ飛び込んで来てしまうでしょう。
コバエやゴキブリはもちろん、湿気や腐敗により家を傷めればシロアリを呼び込む最悪の事態もあり得ます。

 

完璧な存在ではなく、害虫の侵入を予防する存在なのをしっかりと認識しておきましょう。

 

植物を置くなら管理をすること

害虫を寄せ付けないための植物が、逆に害虫を呼び寄せることもあります。
よくあるパターンは、植物を飾ってそのまま放置してしまうケースです。
植物は生きているので水やりを忘れれば枯れてしまいます。
枯れるだけならまだしも、中途半端に弱って腐ってしまうと逆に害虫が好む腐敗臭を出すでしょう。

 

また、世話が下手くそで水を与え過ぎてしまうと根が腐り、土が腐り、やはり害虫を引き寄せることになり兼ねません。
植物を置くなら世話の仕方を学び、小まめに実践する心構えを持ちましょう。
ちょっとした気配りが害虫の侵入や発生を防ぐカギになるのです。